たたみラボ

  • about
  • member
  • r&d
  • blog
  • tatamicast

たたみラボ利用規約

たたみラボ(URL: http://www.tatamilab.jp/)は、株式会社リクルートメディアコミュニケーションズ(以下、「RMC」という)が管理・運営・提供するサービスです。皆様にとってより有益なサービスとするために、次の利用規約(以下「本利用規約」といいます)をご了承のうえ、ご利用ください。

第1条【本サービス】
1.「RMCブログ」(以下、本サービスといいます)は、RMCが提供するテキスト及び画像若しくは動画等からなる記事(以下、「記事」といます)の閲覧、利用者による記事に対するコメント(以下、「コメント」といいます)の投稿、トラックバック送信、及びRSSによる情報提供を含むブログサービスです。以下、記事、コメント、トラックバック及びRSSを総称して「本情報」といいます。
2.RMCは、本サービス又は本サービスのリンク先を通して、RMCが研究・開発(他社との提携・共同での研究・開発を含みます)した商品若しくはサービス、又はそのパイロット版(以下、併せて「試作品等」といいます)を発表・提供することがあります。

第2条【目的】
本サービスは、以下に掲げる目的のために、RMCにより開設、運営されています。利用者はこの趣旨をご理解のうえ、本サービスの閲覧、コメントの投稿及びトラックバック送信、並びに試作品等の利用を行うものとします。
・ RMCの研究成果発表及びその他情報の発信、RMCと利用者間の意見交換、並びに利用者間の情報の共有

第3条【本利用規約の遵守】
1.本利用規約は、本サービス又は試作品等を利用(「利用」には、本情報の閲覧、コメントの投稿、トラックバック送信、試作品等の利用等を含むがこれに限らない。以下同じ)する全ての利用者(以下「利用者」といいます)に適用されるものとし、利用者は本利用規約を遵守するものとします。
2.利用者は、本サービス又は試作品等を利用することによって、本利用規約の各条項に従うことに同意したものとみなされます。不同意の意思表示は、本サービス又は試作品等を利用しないことのみをもって認められるものとします。
3.第5条の定めに従い、本利用規約が改定された場合、利用者は、本サービス及び試作品等の利用につき、改定後の利用規約を遵守するものとします。

第4条【許諾】
利用者は、本利用規約に従い、本サービス又は試作品等を利用することに限り、RMCより許諾されるものとし、本サービスに関するその他全ての権利はRMCに帰属するものとします。

第5条【本利用規約の変更】
RMCは、本利用規約を随時改定することができるものとします。RMCは、本利用規約を改定する場合、改定の内容について本サービス上で告知するものとし、利用者は、告知後に本サービス若しくは試作品等を利用した時点、又は告知後二週間が経過した時点において、これを承諾したものとみなします。ただし、第三者に不利益が生じる恐れがある場合等、本利用規約の想定するケースを超える場合であって、即時の対応が必要とRMCが判断した場合には、上記の期間を待たずに本利用規約を改定することができることとし、改定後の利用規約を本サービス上に告知した時点において直ちにすべての利用者がこれを承諾したものとみなします。

第6条【保証の否認及び免責事項】
1.RMCは、本サービス及び試作品等を「あるがままの状態で」かつ「利用可能な範囲」という条件で提供します。

2.RMCは、本サービス、試作品等又はリンク先に関して、以下の事項を一切保証するものではありません。
(1)有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等
(2)利用者の希望を満たすこと
(3)不具合、バグ、エラー、障害等が生じず、いかなる瑕疵もないこと
(4)コンピュータウィルス等の有害なものが含まれていないこと
(5)利用者のコメントの投稿、トラックバック送信及びリンク先の登録(以下、併せて「コメントの投稿等」といいます)が、第三者の権利を侵害しないこと

3.RMCは、以下の事項に起因又は関連して利用者に損害(精神的苦痛その他の金銭的損失を含む一切の不利益といいます。以下同じ)が発生した場合、RMCに過失がない限り責任を負わないものとします。
(1)本サービス、試作品等又はリンク先の利用若しくは利用不能
(2)第10条に定めるRMCの権限の行使又は不行使

4. RMCは、通常講ずるべきウィルス対策では防止できないウィルス被害、天変地異、その他RMCの責によらない事由(以下「不可抗力」といいます)による被害が生じた場合には、一切責任を負わないものとします。RMCはこれらの不可抗力によって、本サービスにおける本情報が消去・変更されないことを保証できません。

第7条【自己責任の原則】
1.利用者は自己の責任において、本サービス、試作品等又はリンク先を利用するものとし、本サービス、試作品等又はリンク先の利用に際して、他の利用者又は第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用において、当該損害を賠償するものとし、RMCに一切迷惑をかけないものとします。

2. 利用者は、本サービス、試作品等又はリンク先の利用に際して、RMCに損害を与えた場合、自己の責任と費用において、当該損害を賠償するものとします。

第8条【著作権】
1.利用者が本サービスに投稿したコメントの著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます)及びその他一切の権利は、RMCに帰属します。

2.投稿者は、RMCに対して、自己のコメントに関する著作者人格権を一切行使しないものとします。

第9条【禁止行為】
1.RMCは、本サービス又は試作品等において、利用者が以下の行為に該当する又は該当する恐れのある行為を行うことを禁止します。
(1)有害なコンピュータープログラムなどを書き込む、又は送信する行為
(2)リバースエンジニアリング、解析、プログラムの改変などの行為
(3)本サービス又は試作品等に不正アクセスする行為
(4)その他本サービス又は試作品等の運営を妨げる行為

2. RMCは、本サービスにおいて、利用者が、以下の場合に該当する又は該当するおそれのあるコメントを投稿若しくはトラックバックを送信することを禁止します。また、以下の場合に該当する又は該当するおそれのあるサイトをリンク先として登録することを禁止します。
(1)法令に反する場合
(2)公序良俗に反する場合
(3)犯罪行為を目的とする又は犯罪を助長する場合
(4)他の利用者又は第三者の財産、信用、名誉、プライバシーを侵害する場合
(5)他の利用者又は第三者のプライバシーにかかる事項(本来公開されていない他人の名前・メールアドレス・住所・電話番号その他の連絡先を含む)を含む場合
(6)他の利用者又は第三者の知的財産権(著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、ノウハウを含むがこれらに限られません)を侵害する場合
(7)他の利用者又は第三者に対する誹謗中傷の場合
(8)他の利用者又は第三者に不利益を与える場合
(9)事実に反する又は虚偽の場合
(10)未成年者に悪影響があると判断される場合
(11)商品の紹介、宣伝等の営利目的の場合
(12)公職選挙法に抵触する場合
(13)RMCを装う又は詐称する場合
(14)RMCの信用を毀損する場合
(15)本サービスの運営を妨げる場合
(16)本サービスの「トーン&マナー」に反する場合
(17)その他、RMCが不適当と判断した場合

第10条【本サービス運営者としてのRMCの権限】
本サービスの運営に当たり、RMCは以下の権限を有します。なお、本条項はあくまでもRMCの権利を定めるものであり、義務を課すものではありません。
(1)RMCが、利用者の行為が本利用規約第9条1項に該当する又は該当するおそれがある場合と判断した場合、当該利用者に対するアクセス拒否その他必要と思われる措置を講じることができる権利
(2)RMCが、コメントの投稿等について、本利用規約第9条2項に該当する又は該当するおそれがあると判断した場合、コメントの投稿等をした利用者の同意を得ることなく掲載拒否若しくは削除できる権利、及び当該利用者に対するアクセス拒否その他必要と思われる措置を講じることができる権利。
(3)前二項に定める措置の他、第9条に定める禁止行為により被害を被った他の利用者又は第三者のために、捜査機関への通報その他必要と思われる措置を講じることができる権利。

第11条【個人情報の管理】
RMCは、別途定めるプライバシーポリシーに従って、会員の個人情報を取り扱うものとし、会員はこれに同意します。【プライバシーポリシー】

第12条【本サービスの変更・中断】
RMCは、利用者への事前の通知なくして、本サービスの提供の変更又は一時的な中断を行うことがありますが、利用者はこれに同意するものとし、利用者に不利益又は損害が生じたとしても、RMCは一切責任を負わないものとします。

第13条【RMCの責任】
RMCは、本サービス、試作品等又はリンク先の利用又は利用不能から生じる損害に関して、RMCが責任を負う場合であっても、RMCの故意又は重過失がない限り、RMCの責任は直接かつ通常の損害に限られるものとします。

第14条【準拠法及び管轄】
本利用規約の準拠法は日本法とし、本利用規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所を第一審専属合意管轄裁判所とします。

附則
2005年11月30日作成

ページトップへ



(C) RECRUIT MEDIA COMMUNICATIONS CO., LTD.